肩が痛い、動かない

 安定しつつ活動しなくてはいけない関節、肩。

 

2足歩行になった人間の方は

安定性と可動性、反する性能を両立する必要があります

 

その為、ネットで検索すると

・安静にしましょう

・どんどん動かしましょう

矛盾する文言が並ぶことになります。

 

必要なのは、あなたの症状はどっちですか?と、いう事。


症例

・五十肩(肩関節周囲炎、凍結肩)

 ①炎症期、②慢性期(拘縮期)、③回復期の3つに分かれます。

①では炎症を抑える加療、安静が大切になります。

②、③では適切なリハビリテーションが必要です。

 

・腱板損傷

 

治療

 

痛み・炎症が強いものは、

最新の治療機器を用いて

短時間で痛みや腫れを軽減させます。

また、症状と患者様の生活環境を考慮して話し合い、固定をすることで短時間で痛みを回復させます。

 

その後、関節の動きを戻し、

なるべく早く日常生活が快適に送れるように

全力でサポートします。

 

 

予約/問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です