4人に1人が悩み、治り難い国民病

 

国内で3,000万人

4人に1人が腰痛に悩んでいます。

 

病院、整骨院、マッサージ、Youtube、雑誌

多くの医療機関/メディアを実行しても良くならない理由

 

それは、腰痛の原因が全員違う、からです。

原因特定しなければ、腰痛を根本から治す事は出来ません。

 


病院は15%

写真のグラフをもう1度ご確認下さい。

黄色の15%の部分がレントゲンやMRIで分かる腰痛です。

 

語弊を恐れず伝えれば、病院で扱う腰痛は15%

残り85%の腰痛に関しては

「レントゲンに問題はありません。痛み止めの薬と湿布を出しますので、また2週間後に来て下さい」そう伝えられ易い腰痛になります。

 

当院は85%の腰痛に対する徒手検査を多く用意しています。


画像に映らない85%

画像に映らない、85%の腰痛はどうするのか?

 

触って、動かして、特定し治療します。

 

例えばギックリ腰

レントゲンには映りませんが、徒手検査には映ります。

筋膜、靭帯、関節炎など、レントゲンに映る骨以外の組織は

実際に動かして検査する必要がある、と考えています。

 

検査例

SLR 検査|腰椎ヘルニア、坐骨神経痛、筋膜炎、椎間関節炎

Newton 検査|仙腸関節炎(骨盤の関節炎)、神経痛、筋膜炎

nachlas 検査|仙腸関節障害、椎間板障害

 

腰痛には30種類ほどの徒手検査を用意

各検査の陽性率から判断、治療を行います


どこに相談すべきか?

迷ったら病院に行くべきです。

 

当院でも必要があれば医療連携している

腰部が得意な病院/医師を紹介します。

 

15%の特異性腰痛には

圧迫骨折、内臓疾患(胃癌など)、狭窄症など画像診断が有効なものが含まれます。

 

・腰部が得意な病院

・医療連携のある整骨院/接骨院

これが最適解だと考えています。

 


予約/問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です